スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
美肌は保湿から
2010 / 12 / 11 ( Sat )
美肌には保湿が必須


9月の終わりに日本へ一時帰国した。
もう秋なハズなのに最高気温が32度もあった。
外を歩くとスチームサウナ?!状態で顔の周りに湿気がべったり。。。
よくみんな化粧して歩けるもんだと関心。

だが日本の女性はやっぱり肌が奇麗だと再認識。
そりゃそうだ、あんなスチームサウナ状態の夏があるかぎり
お肌はべっとり湿っているわな。毛穴は開くけどね。

で、ロンドンは、、、湿気?それって何?
洗濯物はすぐ乾くしー、夏はべたつかずさわやかだしー、
といい気になっていると冬はサハラ砂漠にも負けない乾燥が!!!

肌が乾燥するとどうなるか?

つやが無くなり張りが失われる。
皮膚の溝がいっぽう方向に深く刻まれ深くなりキメが荒くなる。(小じわの原因)
さらに乾燥が進むと肉眼では見えないひび割れをつくり、
しみる、痒い、かぶれ状態まで行ってしまうことも。。


まずは洗顔

最近のメークアップ料は簡単にはげて落ちないようなものが多い。
つまり洗顔にはそれを落とすだけの威力のあるものが必要になってきている。
その中には「界面活性剤」というのが入っているのだが
これが強いと乾燥肌を導いてしまう。
特に濡れたままでもOKなオイルクレンジングは界面活性剤が多いので更に乾燥の原因になる。
そしてぬるま湯でバシャバシャと洗おう。
決してゴシゴシしてはならない。。

ただの洗顔の場合は固形石鹸がよしとされているが
(界面活性剤が入っていないので)
洗い残ししてしまうと酸化して肌老化の原因になるので気をつけよう。

つぎは保湿

余程の脂性じゃ無い限りアルコール入りは避けるべし。
特にドライスキンにはしみて痛かったり更なる乾燥をよぶ。
化粧水はケチらず使用、たっぷりしみ込んでくれるものを選ぼう。
そしてセラミド入りの美容液やクリームを試そう。
(セラミドとは角質層にある細胞間脂質という脂質の一つで、
角質層の細胞と皮膚の細胞の間に存在し、水気を含む接着剤の役割をする成分。
乾燥やほこりなどから肌を守るバリアの役目をし、
保湿を保護する働きがある。年齢と共に失われていく)

クリームなどを買う時に成分を見てみるといい。

ちなみに目の周りや口元は皮膚も薄いため、
セラミドも頬などに比べて少ないため乾燥しやすい。
深いシワはコラーゲンが減っているためで乾燥のせいではないが、
小じわは乾燥を防ぐことで改善も可能。

美肌を作るのって手間がかかる、、、
が、しわくちゃのおばあちゃんにならないように頑張るのだ。


押してくれてありがとう!

ロンドン生活情報

びゅーてぃークンのNorth London 自宅サロンPrivate Beauty Room
(駐車フリーパーキング)
お客様のカルジェルネイル画像も覗いてね。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ロンドン生活 - ジャンル:海外情報

18 : 30 : 54 | なんでも美容話 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。