スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ヘナ毛染め実地編
2011 / 01 / 24 ( Mon )
ヘナ毛染め実地編


さて、前日の夜作っておいたヘナペースト(準備編)
気合いを入れて髪の毛を染めてみよう。

流れとしては

1、ヘナを髪にぬりたくる
2、ひたすら3時間待つ
3、洗い流す
4、インディゴパウダーをお湯でといて髪にぬりたくる
5、1時間待つ
6、洗い流す


ちなみにヘナで染めた後はすぐにインディゴで染める必要はない。
次の日でも3日後でも問題ないので時間が無い場合はまずヘナだけで染める)


いざ実施!

1、作りおいたヘナペーストをかき混ぜて、とろみ具合を確認。
  固いようなら作り置きした残りの紅茶を少しだけ混ぜる。
  *やらかすぎると垂れてくるので注意

2、髪の生え際にヴァセリンを塗る。(色が肌に染まらないように)

3、肩にはヘナ用にいらないタオルを巻く。

4、手袋をして直接ヘナをとり、地肌に擦り込むようにして髪と地肌に
  ヘナを置いて行く。頭のてっぺん、真ん中から序所に右側と左側に進む。
  *出来る限り薄めに髪を取り分けてまんべんなくつけること。

5、残ったヘナは髪の毛全体に塗り付ける。

6、サランラップを頭にしっかりまく。
  すき間があると乾いてぱりぱりになるので全体を覆い隠す。

7、肩にのせたタオルで顔の周りをかこんで巻く。
  *ヘナは時間が経つと体温でとけて垂れてきます。



これで後はお家で好きなことして3時間が経つのを待つのみ!

恥ずかしながらびゅーてぃークンの毛染めBefore Afterをお見せしよう

引きこもりがちなびゅーてぃークン、気がついたらこんなことに、、、
DSCF2280_convert_20110125005204.jpg
待つ事3時間、洗い流して乾かした後
オレンジ色に染まっている。(これが好きな人はこれで終ってもいい)
DSCF2286_convert_20110125005310.jpg
その後インディゴで染めた後はオレンジが落ち着いた感じに
DSCF2290_convert_20110125005409.jpg

*ここまでの注意点*

@暖めると多少染まる時間が短縮(ドライヤーなどでやってみるといいかも)

@ヘナを洗い流した後、シンクがかなり汚れるのですかさず掃除。

@ヘナを洗い流した後はとりあえずシャンプーはしないこと。
 ここで一旦終る場合はリンスのみ。
 

インディゴペーストで仕上げ

このさい、一気に染めたい時間のある人はヘナ染めが終ったら即座に
インディゴペーストを作ろう。

1、インディゴパウダーに少しずつお湯を混ぜてペーストにする。
  ヘナより少しやわらかめ。

2、ヘナと同じ要領で準備して塗りたくり、ラップして1時間待つ。

3、洗い流してシャンプー、リンス。乾かして終了。


*さらに注意点*

@髪を洗い流した後、シンクがかなり汚れるのですかさず掃除。

@シャンプー、リンスもしてもあまり落ち度は変わらないのでしてもok.

@数日は枕が青になってしまうのでいらないタオルを敷いて寝る。


染める時間は3時間+1時間なのだか準備やらなんやらで
結局6時間くらいかかってしまう。
そしてかなり黒髪に近くしたければインディゴで数回染めること。



毎月かなり気合いの入るイベントである。。。。。

ヘナで染めているせいか、あるいは日本のシャンプーを使用しているせいか
いまいち解らないが、ばさばさだった毛質がつるつるになった。
染めなくてもヘナで1時間くらいトリートメントしてみるのもいいかもしれない。


押してくれてありがとう!

ロンドン生活情報

びゅーてぃークンのNorth London 自宅サロンPrivate Beauty Room
(駐車フリーパーキング)
お客様のカルジェルネイル画像も覗いてね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ロンドン生活 - ジャンル:海外情報

16 : 20 : 04 | なんでも美容話 | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。